遊具のない遊び場

年をとってから見返して笑えるようなに。

映画について

最近リズと青い鳥を観に行ったんだよね。感想としてひねり出せるのは凄かった、というめちゃボキャ貧。

なんというか、映画を見ているのに考えているのは自分のこと、みたいな感覚みたいになったんだよね。いや、これは登場人物が自分に似ているとか、自分を重ねているとかでもなくて、ただ自分との対比があった。それはつまり繊細に書いてあったってことなんだろうな。

あの映画すごいよね。ちゃんとコミュあって良かったよね。

 

 

恥ずかしいから言わなかったけど、照明がついた後に身体に力が入っていたのに気づいたんだよねぇ。