遊具のない遊び場

年をとってから見返して笑えるようなに。

こんばんはなのかどうかはさておき

どうも、みなさん。僕は今どこにいるかわかります?あ、いや別に認識論的な事を言おうとしてるのではなく、名前の付いた土地にいるかどうかです。

あのですね!僕は今マックに居るんですよね。本当にどうでも良い事だと思うんですけど、吐き気に抗えず途中の駅で吐いたら終電がなくなってしまって、もうこりゃ泊まりかな〜と思いとりあえず大宮にいるんですよ。

そうだ、今回の飲み会は楽しかったね。トイメンの2人とはあまり喋れなかったけど横にいた人とは喋れたと思うし楽しかったね〜。別にお酒に強くなろうとは思っていないんだけど、やっぱり体内除菌(アルコール消毒)に強かったらという仮想してしまうな〜。本当に二軒目で飲んだ時に言われてから気づいたんだけど汗を結構かいていたみたいで、やっぱり上限は9杯ぐらいまでなのかなと基準を設けたよ。まぁこれからの飲み会でどうなるかとかはよく分からないんだけど。

んでマックで夜を明かすわけだけど、以外と終電を逃す人が多くて笑っているんだよね。これが初めてだから終電を逃した人が辿り着くのは居酒屋で適当に飲んでいたりするのかなぁとか思ってたけど、マジでそれは酒豪だな。普通にマックでマターリしてんね。タクシーは普通に走ってるし、駅前に暇そうな人が居たりと面白いなぁと思いました。

明日の予定がある人は寝て、予定がなんもない僕は意味もなく徹夜して、たまらねぇぜ。さて、今夜のアルバムはtofubeatsのFirstalbumです。夜が明けるまで終わらないダンスをヘビーチューンチューンです。

なんか今思ったんですけど、朝焼けとか東雲を見るのは本当に数年ぶりなんだなぁと感慨深げに心の中で頷いています。朝焼けを見たのはコミケの時以来だから、3年ぐらい前かな?ところで、朝の空気感ってよくないですか?イギリスに旅行に行った時もみんなが起きる前に外出してたんですけど、あの澄んだ空気が良くないですか?なんか人が吐いた息が少なくて、ピチピチのチャンネーの感じがします。それか幼な子とかかな?Yesの曲に燃える朝焼けって曲があると思うんですけど、あれは観測者として起きた自分が保有する朝焼けのイメージが強いと思っています、なので朝の空気感は自分を忘れさせてくれる自然との接触なのでは?と思います。いや、何言ってるか分からないんだけど。

ああ、ジッポーを頼んだってツイートしたんですけど、本当は痛ジッポーとかやってみたかったんですけど、なんか自分が好きなキャラを限りなく黒に近いグレーに持っていくのは気が引けて、それなら著作権の切れている詩を掘ってもらいました。その詩がディラントマスのdo not go gentle into that good nightから取ったものなんですよね。こんな事書くと怒られちゃうかもしれないけど、1つの単語を変えてしまったんですよね。old ageってところをold manにしたんですよね。それを変えてみて分かったのは本当に詩っていうのは凄いもんなんだなぁと。韻を踏んで、こう、なんていうの? 流れがあって、僕はそこでようやく面白いなぁと思いました。人間の身体に血が流れるみたいに詩にも血のような何かが流れていて、あーーーーーと意味もなくほくほくな気分になりました。けど、僕は改変してしまって凄い利己的なのかながとか少し思った。けど、やっぱり自分が使うものだから自分の影を残しておきたくて変えてしまった。だって僕は老人でもない。なら親しみがあるold manという言葉を使うことによって、20歳の僕が数十年後の僕に「ねぇ君」みたいに呼びかけて欲しいから。なんつーか、ブレたくない?芯みたいなのをさ持っていたいから。やっぱり終わる時に諦めるんじゃなくても抵抗していたいじゃんか?そういう羽根飾り(そう、それは心意気!)を染みなく持っていたいね。

このブログは夜が明けるまで書き続けることを制約にして書いているから、相当長くなるかもね。現在四時二十分。

今どうなっているんだろうね。ゼミとかどうなるんだろうね。東京オリンピックで日本が盛り上がるのかな?そしたらいいよね。みんな1つになるというか、まぁそんな感じ。変な人とか出てきちゃったら僕はどう思えばいいんだろう。日本の恥だと貶す事もできるけど…。日本ってどんな国なのか、今はよく分からんというか考えたくない時がありませんか?嫌な部分が大きいから。なんで複雑なんだろうって思っちゃうけど、それは成長しているからだと思えば良いのか?それにしても臨界点を迎えている気がする。

今度サークルで出すコバナシは二次元と三次元の話を書きたいなぁと思っています。マジで俺の嫁が子供を産んだ世界線みたいな。アスナとオタクの子供とか書きたいね。初音ミクの子供は声に抑揚を失いがちみたいな?けど成長するにつれて抑揚は悪目立ちするものではなくなるという感じで。んでパンピー的な二次元三次元ハーフは影を失いがちとか書きたいけど、普通にキービジュアルとかの立ち絵は影ある場合が多いから、どうしよっかなぁーとか思ってて、多分このネタは書かないと思う。三次元の影が二次元なのに二次元の影が1次元になるべきだと思うんだよね。なんだっけ4次元の発見は五次元の影によって証明されるみたいなやつなかった?すばひびだったけか?

まだ夜は明けない。

僕の好きな事で胸を張って好きと言えるのはサッカーだけかもしれない。音楽も小説も趣味というにはたくさん読んだり聴いたりしていないから。サッカーは12年間やって来て、やっぱり好きだと言える。まぁ海外リーグとかは全然詳しくないし、あんまし見ないんだけど。情報の蓄積が趣味と決定する基準だとしたらサッカーは全然満たしていないんだけど、なんだろう、好きなチームがあって好きな選手がいて、好きなスタジアムがあって、好きなチャントがあって、サッカーもルールの上で行われるスポーツとして括るなら上手く他のスポーツと差別化できるような語彙は持っていないんだけどさ、とてもエキサイティングなんよ。例えばグラウンドの上で体がぶつかり合って、点を取り合うと言えばラグビーも候補として上がるじゃん。んで手を使ってはいけない(ゴールキーパー以外)というところを切り取れば差別化出来るんだけど、そこが好きっていうわけじゃないから。なんだろう、もっとサッカーっていう色々な要素があるものが好きだから、ここが好きみたいには言えないなって思う。もっと文章が上手い人なら、ちゃんと面白さを伝えることができるんだろうけど、百聞は一見に如かずみたいに、POWERがあると思う。

あと1時間ぐらい待たなきゃいけないのか。もう書こうとは思えないな。