ふたにょうの遊び場

年をとってから見返して笑えるようなに。

3日目メモ

みっかめ
パディントンからブリストルまで行けると思ったが、なんか違うところから乗らないといけないらしくて、謎の無駄足を踏んだ。ほんと意味わかんねぇよ。けど時間に余裕があるし、今日はグラストンベリーに時間をかける予定だったから、余裕。昨日は現地ツアーだったけど、今日は完全に個人旅行だから、これぐらいはあるだろう。ポジディブに捉えていくぅ(帰ってくる時にウェストミンスター寄れるじゃん、という話です。)イギリス人の学生っぽいのいたけど、まゆげこかった。
今トンボみたいな、記号で表される飛行機みたいな雲があったから、上手くいくと思う。つーか、ちょっと高い電車乗れたよ。新幹線まではいかないけど、えぇっと日光にいく電車みたいな、新幹線ほど早くないけど、旅行に行く用の電車みてぇな、回転する席が何個かあるな。
なんかよう知らんけど、ファーストクラスの席おるんだが?それに椅子がフカフカぐらいしか変わらないんだが?まぁラッキー。クソ田舎、家すらねぇ景色がある。
乗り換えで50分間待機。きっと、観光できるのは1時間ぐらい。笑える。なんで、あのチケット売り場のお兄さんはパディントンからブリストルまでのチケットをくれなかったのだろうか。なぜわざわざ乗り換えをするチケットを用意したのか。なんだ?人種差別か?けど、個人旅行っぽいイベントで逆に嬉しいわ!(全然嬉しくない)
乗り換え成功、少し腹が減った。3両編成で田舎臭さが増している。正直に言うと電車に乗って座る席探してたら神谷奈緒ちゃんがいた気がしたけど、気のせいだった。
ブリストルに着いて、5分後にバスが来るということだったので、急いで向かってみるが、いまいち方向がわからない。焦って探すも5分を過ぎ、あーこれは30分後かなと思った時に、1番最初に見たバス停へ戻ったら、そこには786のバスが来ていて、飛び乗ったんヨ。日本でさえバスが時間通りに来るのが難しいのに、なんできっかり来ると思ってたんだろうね(笑)やっぱり焦ってたんだなぁ。しかもこれ、グラストンベリー直通かわからんし、ものによっては乗り換えないといけないらしい。

写真とビデオを見ろ

イギリスの幼女がありえん可愛い…!ダレノガレを小さくした感じで、ありえん可愛い…メイクしてんのってくらいまつげギャンギャン鬼、たぶん八重歯が欠けていたのがチャームポイントにしてしまうあたりが、 絶対さの反証だで。
イギリスのポストも赤色か?
バスの二階から風景を見てるんだけど、俺らが田園風景をなんもねぇ〜と思ってるのと同じように、イギリス人もこういう景色をなんもねぇーと思ってるんだろうなと思った。まぁ田園風景も綺麗なんやけどね。逆に気づかされたという。
というか、片道5時間とかキツすぎる。電車を逃したり、パディントンから一本で行かせてくれなかったりしたからなんだけど、あまりにも長い。
バス寝てたら着いた。電車がよく分かんなくて逃した、パディントンには8時ぐらいに着くんかな?にしてもナショナルレールくそ難しくないか?もう乗り換えとか無視してパディントンいくもん。知らないもう知らん。英語できても人と話せないのかとは、さすがに口に出せなかったが、多少は思ったりした、まぁしかしナショナルレールが1番悪いことは明らかであります。
乗ったけど、ビクトリアからホテルまで走るのは嫌でさ、恥ずかしくない?もう盗まれてもいいし、どうでもいいから。英語できないから、心配事にならないことが多い。そういうところで友達には知らないうちに感謝すべき事が死ぬほどあると思うんだわ。無知の知みてぇな感じよ。
乗ってて思ったんだけど、そもそもチケットを用意したクソ野郎がパディントンからブリストルまでのにすりゃあ良かったんよ。なんでパディントンで買ってんのに違うところから行けって言うんだ?マジで人種差別なんかなぁ?腹立ってきたぞ…
6時半にホテルを出て、14時過ぎに目的地に着く(7時間)16時ぐらいのバスに乗り18時の電車に乗り、ホテルに着いたのは8時半ぐらいか。(2時間半くらい?)どうすかね?