ふたにょうの遊び場

年をとってから見返して笑えるようなに。

ぼんやり

暑い、ただただ暑い。大学に行く服装が「お前海に行くのか?」という服装に変わってから2日経った。 夏の合宿に向けてシコシコ原稿をしたためているけど、自分で納得できない。外がない、主人公を取り巻く環境についての説明が不十分、ただ自分が自分を嫌い…

『冗談』

ミランクンデラ 『冗談』(岩波文庫)感想? 僕がこの本を手に取ったのは『リズと青い鳥』を友達(僕を含めて3人)と観に行った時だった。僕らは曲がりなりにも文芸サークルに所属しているから時間を潰す場所といえば本屋ぐらいしかないのだ(それに僕は頻尿…

四月ごろにクルサーに寄せた現行(少し変えた)

題名は任せるわ。あるけど言わないわ その日、移住手続きをするために市役所に向かった。 私が訪れたのは合併元の市役所ではなく、それなりに愛着のある地元の図書館兼市役所だ。中学、高校の時によく勉強しに来ていた記憶がチラついた。私の住む市は元々一…

映画について

最近リズと青い鳥を観に行ったんだよね。感想としてひねり出せるのは凄かった、というめちゃボキャ貧。 なんというか、映画を見ているのに考えているのは自分のこと、みたいな感覚みたいになったんだよね。いや、これは登場人物が自分に似ているとか、自分を…

オーソドックス。オートバックス。ホットドッグ。人間ドック。チェックチェック心電図。

ゼミが始まった。実習が始まった。就活の準備も始まった。 大学でのゴールは一体どこにあるんだろう。社会に出るまでの執行猶予?それともこれから社会に出るということは出発点?それとも学問の終着点?よく分からん。たぶん全てなんだろう。 色々とわかり…

こんばんはなのかどうかはさておき

どうも、みなさん。僕は今どこにいるかわかります?あ、いや別に認識論的な事を言おうとしてるのではなく、名前の付いた土地にいるかどうかです。 あのですね!僕は今マックに居るんですよね。本当にどうでも良い事だと思うんですけど、吐き気に抗えず途中の…

ぐちゃった

リオは覚えていないだろうと思われる僕の秘密を君に話そうと思う。リオの妹であり、僕の妹であったはずの悠貴、その君も覚えているかは誰にも確かめられない秘密。僕とリオが出会ったのは海も山もない郊外のイオンモールの喫煙室だった。その時間帯には僕と…

「浅い睡りを睡り」について

最近読み返した本の中で「浅い睡りを睡り」という記述があって、僕は、この短い文の面白さに気づきました。 ごめんケンちゃん…君の文体はとても特異だとは分かってたけど、ここまで偏執的だとは思わなかったよ。しかも君、これを初期のうちに書いたんだって…

12月14日深夜0:00過ぎだらだらと

3年生になってからゼミが始まるのですが、当たり前のことながら何処のゼミに入るのかの志望理由を書かなきゃいけないんですよ。自分の卒論テーマと絡めてレポートにしなきゃいけないので(締め切りが、すぐそこまで迫ってきている)書こうと思うのですが、自…

のーぎょーカンブリア

農家と消費者を繋ぐ新しいビジネス。地域活性をビジネスとして扱う。 カンブリア宮殿を見た。 野菜の売り方や農業に関する特集だった。旬八という八百屋が規格外で市場に出せないような野菜を買い安く美味しい野菜を売るというものだった。また、弁当やスム…

ねももももももももいいいいい

ムーンパレスの中に「人は一致ではなく差異に目がいく」みたいな事が書いてあったと記憶しているが、 それは自分と関係のない対象について考える時の傾向だと思う。 実際に(俺自身の経験として)自分の趣味嗜好が広がっていく過程には、やはり同類項を見つ…

4日目

4日目地下鉄は大分慣れてきた、というよりアプリを見つけてからすごい滑らかに行けるようになった。ナビタイムのロンドン版乗り換え案内。アビーロードが工事していたのは不運だったし、ベイカーロード行ったら、よく分かんないまま(ホームズが住んでいた…

3日目メモ

みっかめパディントンからブリストルまで行けると思ったが、なんか違うところから乗らないといけないらしくて、謎の無駄足を踏んだ。ほんと意味わかんねぇよ。けど時間に余裕があるし、今日はグラストンベリーに時間をかける予定だったから、余裕。昨日は現…

2日目メモ

2日目 スコッツウォルズまでの道 天気は曇り時々雨。19度ぐらい。服装はユニクロでかえる風除け雨除けジャンパーの下に長袖シャツ長袖下着。下はストレッチジーンズ。高校生の頃にあった長野のひたちなか合宿での早朝散歩のように肌寒いぐらいから過ごしや…

1日目のメモ

飛行機内最初は快適かと思われたか、日本の映画の少なさ音楽の少なさ(ロジャーウォーターズの新譜はある)。11時間も乗っているせいでケツが痛くなる。飯は何にするかと聞かれても英語だったのでちんぷんかんぷんよ。あとめっちゃ寝にくい。そんで少し寒か…

旅行に行ってきます(出発前)

九月の四日から八日?ぐらいまで、旅行に行ってきます。僕はそれなりに暗い人間なので、前に行こうという話になっても怖いし面倒だったので行きたくないと無理やり断ったのですが、今回はチケットまで取られてしまい、もう行かないと勿体ないので行く事にな…

7月に読んだ本

老人と海 デミアン 影裏 世界の果て 社会学の使い方 以上!

6月に読んだ本

グミ・チョコレート・パイン 文体がすでに面白い。書いている内容も全く持ってくだらないんだけど、なんか愛着がわくようなキャラクターもいるし、書いている内容もやっぱりボンクラが行動する青春って感じ。 シラノドベルジュラック テロルの決算 大学の先…

サークルに入り直した。

五月ぐらいに所属する大学の新歓へ行ってきた。もちろんそのサークルに入った。名前は文藝同人会と言う。なぜ文芸サークルじゃねぇんだと思ったが、それなりに歴史があるらしく名前は変えらんねぇよなぁと思い直した。 新歓へ行ったと書いたが本当は、その前…

4月、5月に読んだ本

4月 アルジャーノンに花束を 小説ってこんな感じだよなって確認できるようなやつだった。内面から追って、その行動が不思議ではなくなるフィクションだと思う。フィクションにおける、あるレベルの現実。リアリティってやつかい?挑発的な枠組み。読んでない…

4月4日

ビターエンドが好きすぎる。もちろんハッピーエンドも好きだが、バッドエンドも好きだが、話の流れを見る限りハッピーエンドになる予定だったものが、最後の最後でビターエンドにすり替わるのがとてつもなく好き。生活の水準を上げるために、より安全にする…

三月に入ってから読んだ本

嘔吐 元々は高校を卒業して、大学入学を迎える期間に読みたいなと思った本だったけど、当時は本なんて一年に3冊ぐらいしか読んでなかったので、まぁ読みにくいしで挫折した。次に大学に入学して2ヶ月ぐらいだった時に大学図書館で借りたけど、それも挫折した…

3/8

最近読み終わった本があるけど、それを読み終えた場所が喫茶店だった。おかしなことに家だと読みやす本か、いい感じに本に集中できている時しか読めない(読み進めて緊張してくる感じ)。怒りの葡萄も家では全然読めなくて、午前中に喫茶店で読み進めて、そ…

いろいろ逸れちゃ

夏といえば、暑い痒いハツラツといったイメージもある。入道雲みて雷が鳴るのを待っている。あのくっさい雨の匂いがプンプンし始めてドカーンドカーン。けど、何か里心に戻るというか後ろめたさがどうしたって出てくる。8月15日になれば終戦で黙祷。多分これ…

2月に入ってから読んだ本

立華高校マーチングバンドへようこそ 後編 前編の伏線を回収していた。信じられないくらい強い芯を持った主人公が周りから怖がられるほどの行動を取るようになった理由が明かされる。そして、その動機をほぐして、違う動機を手に入れた?つまりは主人公の性…

今年の2月に書いてあったやつ。

俺が初めてCDを買ったのはサカナクションだった。documentaryというアルバムで当時は中学三年生だった俺は初めてCDを買うにあたって何か感情的なものを持ってはいなかったと思う。(バッハの旋律を夜に聴いたせいです。)をMステで聴いて鳥肌がたったせいで…

虫歯

久しぶりに虫歯になった。間食をすると痛くなり、寝る前の歯磨きを丁寧丁寧丁寧にしないと眠れないぐらいの痛みがやってくる。口の中に乾いた風が入るとズキズキしてくる。唾を飲むのにも痛みが伴い眠れない。といっても寝れてしまうあたり、まだ救いようが…

特になし

昔に書いてたけど、飽きたし、つまんないから不法投棄。 読まなくていい。 小さい頃は何も考えずにも笑えた。周りの大人たちも、友達も笑えていた。 なのに、なんで今は笑えないのだろうか。 親は俺を腫物みたいに扱う。 それは、俺が住む国の国教だから。笑…

1月入ってから読んだ本

恐るべき子供たち 一部の前半部分までは、綺麗な喩え使うなぁとか思いながら読んでいたが、一部後半から二部はわけわかめだった。起きたまま夢を見るし、運命で若くして死ぬことが決められている。でも、部屋の空間が秘密の?絶対の?均衡を保っているらしい…

親戚の子供と会って飯食った

小学生の子供と会って飯を食べた。その前に高校サッカー見てて遊んでやらなかったことを後悔している。そし親戚の未来を想像すると、相当な能力に恵まれた人間になるような気がする。スキーでは転ばなかったらしいし、空気を読んで黙り込んでしまう。そんな…