ふたにょうの遊び場

年をとってから見返して笑えるようなに。

1月入ってから読んだ本

恐るべき子供たち

 

一部の前半部分までは、綺麗な喩え使うなぁとか思いながら読んでいたが、一部後半から二部はわけわかめだった。起きたまま夢を見るし、運命で若くして死ぬことが決められている。でも、部屋の空間が秘密の?絶対の?均衡を保っているらしい。不思議〜

 

宇宙の小石

最初は字が小さく感じ、読み終わるまで時間かかるだろうなぁと予想していたが、スラスラと読めた。だらだらと小説内の時間が過ぎるのではなく、各々の行動がちょうどいい塩梅で書かれていると思う。それに、章が短くて、マラソンみたいに(あの電信柱まで走れば、すこしペースを下げよう)って読み進めることができる。なんというか休憩を入れやすいから電車の移動とかで読むのが楽だった。SFを読んだのは初めてだったけど、やっぱりワクワクするもんだ。

 

立華高校マーチングバンドへようこそ 前編

 

半日で読めるぐらい読みやすい(????)前編しか読んでないので面白い面白くないは置いておくけど主人公の性格がハッキリ文章にされているから、なるほど〜とか思いながら読んだ。演奏のシーンとか書くのが楽しいんだなぁと思った。けど、いそいそっていうのは何かを楽しみにして落ち着かないって意味らしい(webio辞書)けど、本文で使われていた「いそいそ」は、多分動作のオノマトペとして使っていたのかもしれん。後編買ったから、そのうち読むぞ!部活ものだったから、馴染み深いかと思ったけど、当たり前だがそんな事はなく、思った以上にドロドロというか、ませてるなぁと思った。

 

死者の奢り 飼育

書記が死ぬ必要が分からなかった。エロい人教えて。暗い高校生活を送っている人には、元気になるための良い薬になると思います。元気が出たらセブンティーンも読んでね。あっ政治については主人公に自分を重ねないで。

 

貘の檻

貘すら食べるのは何?悪夢は何だった?を考えるには、もう一度読んだほうが良いだろうけど、死ぬほど長い。二部から謎が解けていくけど、やっぱり全てを文字に書いてハイ!オッケー!ってならないで、ボカしてくる。これにはニッコリ。けど、一部が死ぬほど長い。それだけ伏線を仕込んでいるって事だと思うけども最近謎解きとかを読んでいると、文章で書ききれない事の中に重要な要素があったりして、なんだかなぁって思う。もちろん、それでも謎解きの快感はあるわけだし、本当になんだかなぁ〜と。道尾秀介は、中学生の頃に初めて読んでから何故か文庫本で新刊が出ると買っている小説家だ。本文の中で、書かれているが「全てが少しずつ違っていた。誰もが少しずつ思い違いをしていた。」ってあるんだけど、これが道尾秀介の魅力の1つなのかもしれない。第5部辺りから謎が明かされる訳だけど、まさにこれ。母親が子供のためを思って無理に勉強させたけど性格がねじ曲がってヤンキーになって事件を起こすみたいな、優しい気遣いが他人のためにはならないっていうのを書いていると思う。違うか?わからん。とりあえず光媒の花、オススメだ。貘の檻は読むのが大変。だから、光媒の花、という短編集を買うと良いと思うよ〜。短編集といっても、一本の物語のように作中の人間が繋がっているような、けど、それは深読みかなって思う、絶妙なライン。すき。

 

CDは忘れた

親戚の子供と会って飯食った

小学生の子供と会って飯を食べた。その前に高校サッカー見てて遊んでやらなかったことを後悔している。そし親戚の未来を想像すると、相当な能力に恵まれた人間になるような気がする。スキーでは転ばなかったらしいし、空気を読んで黙り込んでしまう。そんな親戚に自分が好きなことを押し付けようとしている自分がいて、恥ずかしくなる。だめだなぁ。けど信頼は勝ち取りたいなぁとか変な気分だ。血が繋がっているからだとか、そんなものじゃない。ただ過ごした時間が多く、子供は無邪気だからだ。

やめようね

あけましておめでとう!

何か新しいことを始めるには力が必要?力こそ正義、正義こそパワー、力こそパワー!うおおおおおおおおお!

年が明けても俺の線上の事で、だけど、なにか確実な変化を期待している。何も変わらない事が変に嫌な感じ。エロゲーマーとかオタクなら、それなりにゲームとかアニメを見て、好きなキャラクターを前に(年明け?俺には関係ないなぁ…今年もヤりまくるゾォォォォ)とか思いながら変わらない自分を演出するけど、確実に年は明けているし変化している訳で、なんとも言えない気持ちになる。

去年思っていたことだけど、年明けと同時に死ねたら最高だなぁと思う。年明けに強い願望を持ちながらも、それが叶わずに死ぬのは何か気持ちのいい死に方だなぁとか。あと少しなのに届かなかったという後悔が死後もあるのか分からないが、きっと灰になってボブディランの代表曲。全てのものは日に日に新たにってカレンダーに書いてあるが、父が去年のカレンダーを剥がし、新しいものを張った時に全てのものは死んでしまうとか思ってしまったのは俺が厨二病だからだな。

紅組が優勝したのびっくりしたね。

 

今年はニートみたいな無気力な生活はやめて、オタクみたいに元気に自分の好きな物に対して、しっかりと取り組みたいね…金が必要だからバイトしなきゃいけないけどさ。あと新しい趣味とか増やしたい。何かわからないけどさ、面白いと思ったものをちゃんと調べるようにしたい。

クリスマスイブ

正直に言うと今年はインフルエンザにかかってよかったと思う。元々友達とアキバ行く予定だったけど、逆に考えると地元の駅で1人帰宅するの何が悲しくなってくるわ。そのぶんインフルっていう大義名分があったから、家でぼーっとしてても何もならない!むしろ外でないから本当に今日がクリスマスイブなのかわからなかったよ。

なんて嘘だわ。しかしながらもクリスマスイブに家にいるのは言っているほど苦痛じゃないと思う。親不孝者疑惑あるけど、うちの家族全員でケーキ食べたもん。わかるか?この暖かさ…

というよりもさ、クリスマスよりもさイブの方が大切にされてるよなぁ〜あれか?大切な人と一晩を過ごす、これもまた大義名分が手に入ったからだろうか?お前らセッスしてもしなくても俺には関係ないっていう童貞力カンストしてるなぁと自分を思いながらスパイラルマタイしたくなるのは仕方ないこと。戻るの!死なんか怖くない!って感じでしょうかね?

いや自分でも何書いてるんだか。

心の中で傘をさして裸足で歩いてる自分が見える〜

クリスマスも誕生日もまだ家族が一緒に祝ってくれるが、逆に三十ぐらいになった時に祝えるかと言えると心が本当に壊れちゃうよなぁ。俺絶対結婚できねぇよ。俺四十まで歯生えてるかな?なんか最近孤独死への恐怖がすごい。だから四十ぐらいで死んでおきたいし、もしも60ぐらいまで生きちゃったなら、最後には犯罪起こしてさ、無理やりにでも刑務所に入りたいよね?誰とも話さなくなるの怖くない?きっと老人で孤独死が嫌で犯罪する人いるんじゃないかな?

ああ、あれだったわ。地元の友達とゲートボールをする約束してたわ。もし1人になっても、この土地に戻ってきて友達と遊ぼう。そうか、孤独死への恐怖があっても友達と会えばいいんだよな。そんで年取ってからラノベ書いて、一発当てて葬式代にしようか。

んー最高!

 

じゃあ俺、火星の小石読んで寝るから!

応援歌


【柏レイソル】チーム応援歌 「突き進め柏!」


バックドロップシンデレラ/「さらば青春のパンク」MV


The White Stripes - Seven Nation Army (Live at Rock Am Ring) (2007)


Notre Dame vs Michigan 2011 - Seven Nation Army Chant and Michigan Stadium LOUD


Judy Garland - Over The Rainbow (Subtitiles)


Over the Rainbow(柏レイソルのチャント)

スポーツを観戦していると応援歌の種類がたくさんある事を知るだろう。色々思い出してみると、覚えやすくインパクトのあるメロディーに歌詞やラララみたいなのを乗せて、応援歌にすることは面白い事だと思う。応援するだけなら個々が「頑張れー!」「やり切れよ!」「それ!ほいほいほほいっほーい!」みたいに声を上げればいいだけなのに、歌にしてしまうのは凄い一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を。
風・・・なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、俺たちのほうに。
中途半端はやめよう、とにかく最後までやってやろうじゃん。

自分サッカー好きなので、サッカーの応援歌を中心に集めていく。

 

最初に浮かんだのは、これ

んで、元がこれ

オーバーザレインボウは、結構な数で歌っているチームがあった。野球でも歌ってるみたいだし。

 

次。

 

正直に言うと。このコラボがあったから、応援歌について少しだけ検索する気になったやつ。

 

 

他にも例を挙げればきりがないほどあるから好きなチームの応援歌の元ネタとかを調べると面白いかもしれませんね。確か高校の時にはディープパープルのあの曲に乗せて「つぶせーつぶせー○○ー」とか歌っていたなぁ。レイソルは応援歌も面白いよ。みんなもレイソルを応援しよう!

 

 

インフルエンザになりました。。

お題「よく口ずさんでいる曲」

 

 きっかけとしては、布団をしっかりと掛けていなかった。4枚の掛け布団の内、毛布と薄い布団の2枚がかかってなくて、そのせいで日曜日の朝に微熱というか寒気がしてた。

 ここで、安静にしていれば変わっていただろうけど、池沼だから朝ランニングしてしまった。冷静に考えれば、4月から全く運動してないのに今になっていきなり5キロ走った事は自殺行為としか思えない。その時はアドレナリンパワーで風邪をぶち倒してやるって意気込みでワクワクしながら追い込んだのに、最後にはインフルエンザとか身体を張ったギャグにしてはつまらな過ぎるな。

 それにしてもインフルエンザになったもんだから、暇をつぶすのにもやる気が必要なんだなぁとか思ってしまう。小学生の頃はどうだったか思い出すと、昼には好きな食べ物が食べれて、テレビを見てるだけなのに、楽しかったような気がする。いや、二度と風邪になりたかない、とは思っていたけども、なにか楽しかった。どうしてだろう。

 今では自分の好きな食べ物なんて、金さえあれば勝手に食べれるし、休もうと思えば休めちまうから特別感がなくなったのかな?誰かから心配されることが少なくなったからか?変に自由だから、つまんなくなったのか?どこまでいっても自分だからか?中途半端に自由だからか?

 あと、友達なんかが風邪ひくとニュースとかに詳しくなるの面白い。大体みんなソーナノ。俺も普段なら絶対に見ない徹子の部屋見てるもん。ほら綺麗綺麗!あぁ!綺麗ですねぇ!!

ツイッターで人の気持ちと行動の接合を確かめるのは卑怯なのか。

あと風邪ひいて本を読めるのは相当凄い奴だなぁとか思った。頭の中で鉄球が動く感じがする。その鉄球が壁にあたった時に頭痛がする。ぼんやーりぼんやーり。そんな中で本を読むなんて難しすぎるぞ。寝ること以外やることなんてないぜ?あ、あと妄想することぐらい。

 

口ずさむ歌はこれ。『風とともにゆくだけさ〜』のとこが口ずさんじゃう。

https://youtu.be/MC6JC3aYOG0

 

12月入ってから読んだ本とCD一部

車輪の下

抑圧されて、それを誇りとして目標として、快感として受け入れていたものが、詩人みたいな子供にぶち壊され、ホモかな?愛人かな?と思いつつ最後に友情を大切にしたら堕落と捉えられ、疲れ切ってしまい家に帰り、恋かな?恋だなぁ〜のあとに逃げられて、労働の尊さ知って、川でアババ!

 

職業としての小説家。

ラノベみたいで読みやすかった。メンタル強いのか弱いのか分からない。けど横文字が入るのは、ありがち。フィジカルと共に〜。

 

仮面の告白

理論理論理論理論。自らを慰める。脇毛。悲哀烙印。素直にえっちだ…w 演技ししきれない。胴回りを目測。

 

エロマンガ先生5巻

クリスマスパンてーおくれー!ラノベェ…父の妹。クーデレすか?てか、こいつ妹好きすぎて素直に感謝だ…w 

 

ツールドフランス

なんか包まれてるって感じ。ふわふわするけど、なんか知らぬうちに首振ってる。

 

アマロック

アピッ。アピッ。目の前がパァッと開ける。

 

一触即発

俺は金ぴかの時計持ってないです。お祭りにすら行きません。空飛ぶ円盤にも乗れません。映画に出たことないので。

 

 

なんか、時間おいてから書くと、投げやりだな。