ふたにょうの遊び場

年をとってから見返して笑えるようなに。

6月に読んだ本

グミ・チョコレート・パイン

文体がすでに面白い。書いている内容も全く持ってくだらないんだけど、なんか愛着がわくようなキャラクターもいるし、書いている内容もやっぱりボンクラが行動する青春って感じ。

 

シラノドベルジュラック

🙆

 

テロルの決算

大学の先生と話す機会があり、その中で本の話になった。そうした時に勧められた本のひとつがこれだった。他にも勧められたが、どれも悪趣味なものだったので1番普通と思われるものを読んだ。ノンフィクションなのにフィクションじみてる。

 

非連続殺人事件

わたしゃもうねるよ(🙆子)

 

 

サークルに入り直した。

五月ぐらいに所属する大学の新歓へ行ってきた。もちろんそのサークルに入った。名前は文藝同人会と言う。なぜ文芸サークルじゃねぇんだと思ったが、それなりに歴史があるらしく名前は変えらんねぇよなぁと思い直した。

新歓へ行ったと書いたが本当は、その前からサークル活動に参加しており2,000文字以内の小話を書いた。自分なりにシコシコ(ドピュドピュ)とせっせっと無い頭を回してお爺(おジイ。頭に『お』が付くと上品だネ!)したのだが、どうも上手く伝えることができなかった。過去には2,000文字の規定があるにもかかわらず、おー婆(オーバー)(お爺がいるのにお婆が居ないのは寂しいので無理矢理にでも書いた)してしまう人もいたらしいが、文書力や語彙力も考えていることも中学時代のまま(誇張)(コーナーで差をつけろ)の俺チンは規定文字数を超えるほどの小話をかけない。なので書いたものをサークル内の人同士で校正会をするといった時には、「いゃん…えっち……」という気持ちと、「う、う、うんちが漏れ漏れなんだな」と塚地演ずる裸の対象のように落ち着きがなかった。

そして、校正会が始まった。いや、やっぱり家出たところから。

校正会の前日は六限まで講義があるので、明日はオフだと思うと嬉しくてたマラず普段より寝る時間が遅くなった。はい、校正会を舐めていた。そして校正会の時間帯が事前に連絡されていたのだが、その間の時間に行って簡単に帰ってこれると思っていた。朝、目が醒めるとラインに遅れますとサークルの先輩らしき人が連絡しているじゃ無いか。おいおい、遅漏かよ、とは思わずに、これ俺も遅刻だって。焦りながらも俺も遅刻します、と連絡を入れた。この時すでに何人かは遅刻するという連絡をラインで入れていた。おほーっと!俺だけじゃねぇじゃん。安パイ!

外に出ると暑すぎた。半袖とジーパンで家を出たのに、もうムンムンの息ぐるしさで腹が立った。五月の暑さじゃねぇ。これが美少女の黒タイツや、俺が肌と服の間に住んでいる人間なら、「これしゅき」になるのだが、現実は厳しい。電車内はクーラーが効いていた。

さて大学の最寄りに到着。着床。トコトコ歩き、正門へ。この日は日曜日だ。そして大学図書館も空いていない。つまり目につくような大きい門は閉まっていた。内心で詰んだって言った。いや普通に声に出た。俺のリトルにょうに聞いても、「いや、俺に聞くな」とか細く言ってた。ごめんな。そんで、どうすっかなぁと考えて近くのコンビニへ向かうと、サークル説明会にいた女が歩いてきて、おいおい恥ずかしい。(なんで恥ずかしいんだよ)まぁそのままコンビニに行ったんだけど、正門に戻ってみると女がいない。女は正解を見つけたらしい。

どうしようもないので、説明会で会った男にラインをすると正門の横にある道を登れば大学内に入れるよ、とラインを頂いたので侵入。なんてことなかった。

隣に人がいるのに喋らないのは中々むずかしい。かえって邪魔になるのもありえるが、ぼーっと惚けていると申し訳なくなってくる。なんなんだろね。ということで校正会も誤字脱字がありまくりで、色々と指摘されまして素直に変更したが、色々と話に整合性がないので最後の難関、校正部長でつんのめった。しかし校正部長も俺以外の小話も読んでいたのでヘトヘトだった。つまーり、これおかしいよねって言われても時間がなくなって、どうにでもなぁれ、ということでした。ありがとう時間。オールタイムベスト。ハハッ。

新歓はブュッフェとかいう字面だけだとオシャンティー、実際は大抵金欠の大学生であるので安いブュッフェ。食うものも限られてくる。タダ飯にありつけたことは最高だったが、居酒屋とかでもよかったんじゃねぇかなぁという思いが拭い去れねぇ。

 

今度、反省会があるので、適当にハードルを下げて参加しようと思う。

 

4月、5月に読んだ本

4月

 アルジャーノンに花束を

小説ってこんな感じだよなって確認できるようなやつだった。内面から追って、その行動が不思議ではなくなるフィクションだと思う。フィクションにおける、あるレベルの現実。リアリティってやつかい?挑発的な枠組み。読んでない人は読んでみるといい。

 

5月 犯罪

たまたまブックオフで見つけ、表紙が黒と白で綺麗だったのと、短編集だったから買った。どこかでシーラッハの名前を聞いていた気もする。読み終えて思うのは表紙がリンゴを真っ二つに切った際の右側を黒色の果肉で、左側が白色の果肉で、その後ろは黒色の果肉なら白色、白色の果肉なら黒色とまぁなんと綺麗なもんだ。リンゴはキリストかなんかで、原初の罪で、犯罪という名前の小説で、尚且つ書かれている内容が弁護士の視点で書かれているなら、挑戦みたいでいいじゃん。

 

君の膵臓を食べたい

豪快にネタバレを見てから読んだ。自暴自棄になりながらも生きようとしている女の子が男と秘密を共有して恋愛になりそうでならない物語?ネタバレのせいかもしれないが、僕は草舟だって書かれていて、頭の中で(あっ、これが最終的に自分は彼女に変えられて草舟という自覚がなくなるんだな) と思った。結構売れたらしく、何がいいか考えてみる。まず草舟という記述に自分を重ねる人間がいそう、また元気な女の子と秘密を共有すること、頑張って生きようという気持ちが湧きそうなこと、最後に君の膵臓を食べたいという関係性?がいいところなのかもしれない。オチがどうのこうのとかネタバレを見てから読んだ俺が言うのは変な気がするので、言わないけど、関係性の深さを表した君の膵臓を食べたいという記述と題名が、うまくハマったのだろうか。まぁいいか。 

 

階段途中のビックノイズ

高校生ロックと青春って感じ。時々視点が変わるので面白かった。

 

犬婿入り と 飛魂

シーラッハの読んだ後に同じ賞を取っていたらしい著者の本を買った。犬婿入りを読んだ限りだと、やたら読みにくく、ふーんって感じだったが、飛魂を読むと著者がやろうとしていることが見えてくる。打たれる言葉によって僕たちの文脈で考えろって言っているんだと思う。再解釈をしろと言ってる。比喩表現として見慣れないものがたくさんあるし、言葉に対して裏切られたような心地よさがある。なにはともあれ読むのに気力がいるが、面白いと思う。

 

もう1冊ぐらい読みたいね。電車の中とか読みたいけど、大学行き帰りで変に疲れちゃうから、そこを読むようにできたらいいね。満員電車はなくなるべき。つらいもの。

 

4月4日

ビターエンドが好きすぎる。もちろんハッピーエンドも好きだが、バッドエンドも好きだが、話の流れを見る限りハッピーエンドになる予定だったものが、最後の最後でビターエンドにすり替わるのがとてつもなく好き。生活の水準を上げるために、より安全にするために、法律を作ったら犯罪が増えるのが正常だし、不倫をすれば道徳で人を殺そうとするんかなぁ。ヒーローの条件?強いのか。

まぁなんにせよ、ビターエンドは一番好きだと思う。悲しみとともに生きるの〜でも笑うの〜みたいなさ。親近感とともに憧れる。

三月に入ってから読んだ本

嘔吐

元々は高校を卒業して、大学入学を迎える期間に読みたいなと思った本だったけど、当時は本なんて一年に3冊ぐらいしか読んでなかったので、まぁ読みにくいしで挫折した。次に大学に入学して2ヶ月ぐらいだった時に大学図書館で借りたけど、それも挫折した。そして、今になってやっと最後まで読む事ができた。なんというか水面下で物語が進んでいるようで、読み終わってもよく分かんない部分がたくさんある。日記という体で進んでいくし、存在がどうだかって書いてある。読んでて思うのは、心が病んでるんだなぁというの。

 

野火

映画を見て気になったので原作の小説も読もうと思った。映画は完全に映像としての完成を目指し、原作小説は心理描写が細かい。どちらも違って、どちらも良いといった作品だった。映像でインパクトがあったシーンの裏には苦悩が隠れていた。

 

限りなく透明に近いブルー

これも挫折した本だったが、ちゃんと読めてよかった。廃退した生活を気持ち悪いぐらいに書いてた。虫を食うシーンと黒人にリュウが校内写生されるシーンは本気で気持ち悪くなった。

 

しんせかい

面白くもなくつまらなくもない、風刺してんの?芥川賞を取ったらしいけど、よく分かんなかった。確かに読みやすいけど、ふーんって感じ。ただの本?薬にもならないし毒にもならない。ああ、チャレンジしてんのか?金を無駄にした感が強い。図書館の貸出を待ってからでよかった…はぁ〜。

 

如何なる星の下に

浅草

 

 

3/8

 

最近読み終わった本があるけど、それを読み終えた場所が喫茶店だった。おかしなことに家だと読みやす本か、いい感じに本に集中できている時しか読めない(読み進めて緊張してくる感じ)。怒りの葡萄も家では全然読めなくて、午前中に喫茶店で読み進めて、その感覚を保ったまま家で読み進めていた。きっと家に居たら読み終えることはなかったと思うなぁ。家だと誘惑が多いんだろう。ニコニコとかSSとかベースとかデレステとかかなぁ。喫茶店で目の前にコーヒーがあるのも大切だと思う。スマートフォンが眼の前に在ったらいじるだろうけど、まず目の前にコーヒーがある事で飲むという動作が無意識にできる。それの行動が終わったら元の動作(読書)をするということか? 小刻みな休憩が取れる。集中が切れてもコーヒーを飲む事に特別に意識はいらない慣れているもん。スマホをいじるとしたら、まず選択肢があって何をするか決めて、そのアプリで何をするか決めるから、意識がそっちにいって集中力がなくなるんかな。何言っているかわかんねぇ~

 

虫歯の治療が終わった。やっぱり指を口の中に入れられるのは最高だ。個人的に関わりがあるわけでもないのに指を入れられることは風俗か何かなんかな。利害関係がしっかりしてるから興奮する。俺がえっちな気分でいるのに気づかないで治療してくれるのは本当に最高や。すれちがい宇宙。

いろいろ逸れちゃ

夏といえば、暑い痒いハツラツといったイメージもある。入道雲みて雷が鳴るのを待っている。あのくっさい雨の匂いがプンプンし始めてドカーンドカーン。けど、何か里心に戻るというか後ろめたさがどうしたって出てくる。8月15日になれば終戦で黙祷。多分これが、なんと言えばいいのか分からない感情?終末を待ち望んでいるかのような心境?心をくすぐってくる。あぁ今年も夏が来たんやなって…感じ?いつでも過去を思い出せるけど取り出せるのは選ばれは良い記憶だけかもしれないが、思い出そうと思えば冬でも思い出せる。けど夏に思い出す記憶は不思議とワクワクする。あの頃はよかったなぁとかじゃなくて、もっとぶち壊してやる〜だとか、何かを始めたくてウズウズする。春は過去を起点に次に起こる物事へ期待を膨らませ、秋は無駄に悲しくなって、冬は閉まっておきたい記憶が鮮明になる。夏は?それこそ今を生きてるって感じがしゅるの〜。どっかで聞いた事だけど、細田守は入道雲に成長のイメージを持っているらしい。なんというか俺に限らず日本人の夏といえば風流だね〜けど怖いよね〜みたいに、完全に日に当たってない気がする。日陰ばかりに目がいく。気候の問題もあるのかね。きっと海外で夏を過ごすなら後ろめたさを感じずに済むだろうか。忘れちゃいけないだろうが、たま〜にキツくなる。愛国心なんてどうやっても持ってしまうよ。ほらアフリカの子供を見てごらん、助けを必要としているんだ。それと比較しちゃうと自分たちは恵まれているよね、アニメも見れるし買い物にも困っていない。だからキツイなんて言うのはおかしい。なーんて思いがちだけど、比較基準がおかしいんだよ。それでも愛国心があるのは生まれた国だから?生まれた土地だから?時間だから?気づいたら自分の国が好きになっているのはなんで?わーからんっ♪

咀嚼音が大嫌いだ。特に兄が部屋で歌詞を食べるときにピチャピチャグンニョグンニョゴクン。なんで咀嚼音にイライラすんの?邪魔だから。けど咀嚼音は止められないよな。最近見た方角ロックバンドのPVで仮面をつけてドレスを着た女達が手づかみでケーキやら菓子やらを食べていたんだけど、何に興奮するの?育ちが良さそうな女の子が手づかみで食事をする事で何を伝えようとしてんの?エロスじゃないでしょ?お嬢さんには失禁をさせるべき。みすぼらしい女の子こそ手づかみで食事をする事が良いだろ。エロスっていうのはな!日常の些細な動作の中で生まれるものなんだよ。それをお前、明らかに赤く塗りたくられた唇に指を這わせても何もない。ふぅん(そんな態度取るんだ)。例えば君が朝目が覚めてベットから降りようと身体を横に向けると女の顔があって、涎が跡になっていたらどうする。そりゃもうすんごいエロ。おっぱいとかも本当にエロいけど、見て触ってで感じるものが多いと思う。けどな、涎は生理現象でだらしなく開かれた口から結露みたいに跡が付いていたらそりゃもう感謝感激よ。こいつはヨダレを垂らしてしまうのかっていう特性というか癖が自分だけわかる。むしろ女が知っていたら家族と男しか知らない女の秘密となるじゃん?おっぱいも個体差があるけど、AVとかて見まくってるせいでヨダレ以上のものを感じない。秘密っていうのは多分だけど、それだけでエロい。隠し事が多ければ多いほど人間はエロくなるのかもしれない。だから、俺がエロいと思ったら、そいつは秘密が多いのかもしれない。女子アナとか本当にエロいもの。ごめん、ごめんやで。