ふたにょうの遊び場

年をとってから見返して笑えるようなに。

年明け数日のこと(雑記です)

校正はしてません。おやすみなさい。

 

年が明けてからすぐにメンタルがダメになりかけた。それは酒と年が明けてしまった事によって生まれたわけだが、就職やずっと続いてしまいそうな退屈というトラウマに負けてしまいそうな予感がやはりあって、ん〜これがモラトリアムの地獄絵図かぁなんて思ったりして。

けど、バイトを始めたり、オタクと創作しようぜっていう何かが始まった感じがあるのです。僕は文芸サークルなんてものに入ってはいるものの誰かに伝えたいメッセージなんてものは特にないから、文章を書く時には中身がスッカスカだったり解像度が低い場合が多いのですよね(これは決して抽象度が高いというわけではない)。やっぱり物語を書く時に自己表現だけじゃつまらないでしょ。だから感覚的で尚且つ伝えることができる音楽っていうのは、とても刺激的だと思うんだよね(どれも遊び程度だけどね)。

話を戻すと、新年明けて、3日に聖地巡礼に行きました。場所は江東区にある住吉から大島まで。これは僕が高校生になっから今までの間に続いてきた行事の1で、友達とだらだら喋りながら埋立地をカッポカッポするのよ。住吉で降りて木場公園へ、後にクローバー橋、そして荒川ロックゲート、最後にまた公園、今年も始まったということで大島神社に参拝とおみくじを、というパターン。最初は聖地巡礼が目的だったけど、回を重ねるごとにそれは薄れていって作品に対する情熱よりも懐かしさを持つようになっている。大学に入ってから2回目という事で、木場公園からクローバー橋までの間にあったコクトーの詩を見て気分が浮ついたり、高見順の「この埋立地」なんかを心の中で声に出してみたり、初めて人とインカメで写真を撮ったりする事をして、おぉ曲がりなりにも成長してるのでは?と思うのです。まぁ自分のルーツを確かめるための習慣なんて言えば聞こえはいいのかしら。僕はほんのたまに自分がかつて通っていた場所を通る時に、昔の自分の姿が見える(ような気がするような気がする)事があって、僕はそのうちに聖地巡礼をしてる時に自分と友達が目の前に現れた時に、この習慣こそが僕のルーツだと認識できるのかもしれない。僕が秋が好きなのは、恋チョコにハマっていたのが、まさにその時期だったことと、高い空と落ち葉の音がとても魅力的だからなんだよな。自分が好きな女の子の年を超えてしまった時の虚しさったらないよ。年上から同級生、そして年下になった彼女は、それでもしゅきなのです。

なんで、こんな事を長ったらしく書いたのかというと成人式の日に友達の家に行ったたからなんですよね。その友達は僕を二次元の女の子にガチ恋をさせたキッカケを作った友達なんですよ。僕を決定的に二次元に目覚めさせた友達。懐かしいなぁ…彼は簡易的な枕にもなるほどの分厚さを誇るホライゾンを読んで自慢してたっけなぁ。まぁ、それはとにかく、その友達の家に行ったんですよ。彼が死んでしまったのは僕が高校一年生の時でサッカー部の合宿があと数日でやってくると少し怯えていた時に誰かから聞いた(確かtwitterで、そこはかとなく呟かれているただならぬツイートを、見て誰かにラインしたと思う)んだけど、僕は彼とクラスが違ったし彼の両親ともあった事がないので葬式には呼ばれなかった(仕方ない)から、成人式の日に彼にスーツを見せに行ったわけよ。やっぱり彼が死んでから一回も線香あげてないし、会いたかったから。彼が死んだって知った時に涙が流れなくて自分は薄情なんだなと思ったし、あまりにも突飛な事だったから、現実感が無かったのかもしれない。よく分からないけどさ。まぁなんというか彼の顔は俺の頭の中でまざまざと思い浮かぶし、多分一生忘れないと思う。魂は生き続けるというのは本当なのかもしれないなと思うわけですよ。

ところで僕はレポートに追われているしテストも迫ってきている。ひえ〜という感じです。

やっぱり俺は時間を生きているし、俺の中で友達は変わらずに居るのです。

まずはテスト乗り越えて行くぞ、レポート重ねて行くぞ!

春休みには本読んで、音楽きいてつくってみたり、文章書いてみたり、人と会ってみたり、バイトしたり、いろーんなことをやったるで!

「浅い睡りを睡り」について

最近読み返した本の中で「浅い睡りを睡り」という記述があって、僕は、この短い文の面白さに気づきました。

ごめんケンちゃん…君の文体はとても特異だとは分かってたけど、ここまで偏執的だとは思わなかったよ。しかも君、これを初期のうちに書いたんだって?僕は君の長編を読んだことあるけど、これより偏執的な文章を書くようになっていたとしたら、君の面白恐ろしさをまったく理解していなかったよ。僕は君の暴力的な部分だとか性的な部分に熱中していたのだけど、その中身については考えることができなかったんだよ。ありがとう。

 

この「浅い睡りを睡り」を、どう説明したもんか、全くのノープランです。僕の掌には短めの生命線があります。それはどうでもいいね。

まず、「浅い睡り」は「睡り」に「浅い」というか形容詞が付いたものであって、他にも文章の形はあったはずなんですけど、もう完全に脳内で「浅い睡りを睡り」以外に考えられないのです。「浅い睡り」は無意識のうちに起きたり寝たりを繰り返す睡眠の事を指すと思う。んで、「睡り」は睡眠を指す。

ちょっと待ってくれ。なんで、そんなトートロジーみてぇな事をやってんの?と思う人もいるし、実際に僕も見落としていた。けど、その繰り返しが大切なんだと思う。「睡りを睡り」という言葉の繰り返しと、浅い睡りの特徴である寝たり起きたりの繰り返しとが、僕の中でスッと鳩尾にパンチを繰り出した。君は僕の鳩尾に、僕は君の肩口に、互いの落ち着く居場所を見つけタララ〜。

この短い文の中から脱出した(あるいは表現された)意味が、もう凄い。やっぱケンちゃんはすげぇよ……。

 

1月10日追記

正しくは「浅い睡りをねむり」でした。

1:11

この繰り返しの文章は物語に繋がっていると思う。

のーぎょーカンブリア

農家と消費者を繋ぐ新しいビジネス。地域活性をビジネスとして扱う。

カンブリア宮殿を見た。

野菜の売り方や農業に関する特集だった。旬八という八百屋が規格外で市場に出せないような野菜を買い安く美味しい野菜を売るというものだった。また、弁当やスムージーを作り売り出してもいた。ここでは、1度売り出したものをもう1度価値化して商売しているという事だった。

里山シェアによって使われていない農地を再利用して消費者に野菜を作らせるという事で、実際に高齢化や儲からない事によって放棄された畑は(売り上げと器具や手間が釣り合わない)再利用され、都市から農村に金が流れるようになっている。また会員制である事がなるほど、と思った。

 

ビジネスチャンス 課題が大きい つまり変化を起こせればチャンスになる。社会問題こそ儲けることができる。

 

農業を専門で取り扱っている求人サイト!「あぐりナビ」後継者問題の解決じゃないか!毎月1000人以上登録するというなら、本当に関心が高い。

 

地方の野菜を扱う八百屋、虎ノ門にオープン(弁当も売っている)。

 

めっちゃ面白い。

 

 

ねももももももももいいいいい

ムーンパレスの中に「人は一致ではなく差異に目がいく」みたいな事が書いてあったと記憶しているが、

それは自分と関係のない対象について考える時の傾向だと思う。

実際に(俺自身の経験として)自分の趣味嗜好が広がっていく過程には、やはり同類項を見つける(感じる)事が不可欠のように思える。おそらく趣味嗜好が好みであるから、入り口として感銘を受けた、あるいは心地の良い物から広がっていくのだから(ここでは便宜上ものとして表記する)。しかし、差異によって、感銘を受ける事もあるだろうし、その時の自分の状況によって、それを受け止める事もあるのを忘れてはいけない。

では、なぜ僕は自分と関係ないものを考える時に差異に目がいくのだろうか。(ここで自分と関係ないものとして挙げるのは自動的に生活世界において僕自身が考えていない事になるのは申し訳ないと思う)例えば、イェルサレムの問題は3つの宗教の聖地という事でニュースになっていたりしたら、僕は3つの宗教について、ほんの僅かな知識によって考える。それぞれの僕の中での特徴が問題を考える時に前提として現れているのだろう。たとえばユダヤ人は迫害されていて殺されていたが他国に亡命した学者が著名になる傾向がある。キリスト教は多くの信徒がいる上で宗派が枝分かれてしている。イスラム教は偶像崇拝はダメで食事にも制限がある。

おそらく、情報が不足していたり欠損していたり、感情的になっている場合に物事を判断する際には、類似ではなく相違の方が探しやすいということなのだろうか。

良い点より悪い点の方が目につくという

事も多い。自分にとって、不利益の方が真理なのでしょうか。信頼よりも危険が真理なのでしょうか。

もっと例を出してみよう。殺人事件はどうだろう。いや、思い浮かぶのは、それなりの数の人間を殺した事件だ。こうして括れている時点で合致しない。なぜくくれているか?それだけインパクトがあったからだろう、殺人事件は誰もが巻き込まれる可能性があるし、人間いつかは死ぬという考えがあるからだろう。

違う例は無いか?ニュースからピックアップした方がいい。意識的に進行形の計画(目的を持った行動)で、尚且つ自分がよく知らないニュースは何だろう。ビットコインと紙幣はどうだろうか。最初に浮かぶのは仮想と実体だ。

 

つまりは、知識が少ない人間(おそらく大衆)が、社会で起こっている動きを捉える時に、差異に目がいくと仮定する。そうすると類似から始まり、前提として自分の持っている知識、印象を経てから、差異に辿り着く、という解釈でいいのかな。

結論としては、自分に関係ない事ではなく、単に同化するだけの知識がなく、また理解できない価値観があるため、差異に目を向けるようになる。でいいかな。

 

追記 12:31

新しい知識なんかを得る時に類似を見つけなければならないだろうから、差異を見つけた後に、また類似を探すのか?

 

4日目

4日目
地下鉄は大分慣れてきた、というよりアプリを見つけてからすごい滑らかに行けるようになった。ナビタイムのロンドン版乗り換え案内。
アビーロードが工事していたのは不運だったし、ベイカーロード行ったら、よく分かんないまま(ホームズが住んでいたとされている番地がない?)ハイドパークに向かっている。

メモすんの忘れてた
三日坊主

3日目メモ

みっかめ
パディントンからブリストルまで行けると思ったが、なんか違うところから乗らないといけないらしくて、謎の無駄足を踏んだ。ほんと意味わかんねぇよ。けど時間に余裕があるし、今日はグラストンベリーに時間をかける予定だったから、余裕。昨日は現地ツアーだったけど、今日は完全に個人旅行だから、これぐらいはあるだろう。ポジディブに捉えていくぅ(帰ってくる時にウェストミンスター寄れるじゃん、という話です。)イギリス人の学生っぽいのいたけど、まゆげこかった。
今トンボみたいな、記号で表される飛行機みたいな雲があったから、上手くいくと思う。つーか、ちょっと高い電車乗れたよ。新幹線まではいかないけど、えぇっと日光にいく電車みたいな、新幹線ほど早くないけど、旅行に行く用の電車みてぇな、回転する席が何個かあるな。
なんかよう知らんけど、ファーストクラスの席おるんだが?それに椅子がフカフカぐらいしか変わらないんだが?まぁラッキー。クソ田舎、家すらねぇ景色がある。
乗り換えで50分間待機。きっと、観光できるのは1時間ぐらい。笑える。なんで、あのチケット売り場のお兄さんはパディントンからブリストルまでのチケットをくれなかったのだろうか。なぜわざわざ乗り換えをするチケットを用意したのか。なんだ?人種差別か?けど、個人旅行っぽいイベントで逆に嬉しいわ!(全然嬉しくない)
乗り換え成功、少し腹が減った。3両編成で田舎臭さが増している。正直に言うと電車に乗って座る席探してたら神谷奈緒ちゃんがいた気がしたけど、気のせいだった。
ブリストルに着いて、5分後にバスが来るということだったので、急いで向かってみるが、いまいち方向がわからない。焦って探すも5分を過ぎ、あーこれは30分後かなと思った時に、1番最初に見たバス停へ戻ったら、そこには786のバスが来ていて、飛び乗ったんヨ。日本でさえバスが時間通りに来るのが難しいのに、なんできっかり来ると思ってたんだろうね(笑)やっぱり焦ってたんだなぁ。しかもこれ、グラストンベリー直通かわからんし、ものによっては乗り換えないといけないらしい。

写真とビデオを見ろ

イギリスの幼女がありえん可愛い…!ダレノガレを小さくした感じで、ありえん可愛い…メイクしてんのってくらいまつげギャンギャン鬼、たぶん八重歯が欠けていたのがチャームポイントにしてしまうあたりが、 絶対さの反証だで。
イギリスのポストも赤色か?
バスの二階から風景を見てるんだけど、俺らが田園風景をなんもねぇ〜と思ってるのと同じように、イギリス人もこういう景色をなんもねぇーと思ってるんだろうなと思った。まぁ田園風景も綺麗なんやけどね。逆に気づかされたという。
というか、片道5時間とかキツすぎる。電車を逃したり、パディントンから一本で行かせてくれなかったりしたからなんだけど、あまりにも長い。
バス寝てたら着いた。電車がよく分かんなくて逃した、パディントンには8時ぐらいに着くんかな?にしてもナショナルレールくそ難しくないか?もう乗り換えとか無視してパディントンいくもん。知らないもう知らん。英語できても人と話せないのかとは、さすがに口に出せなかったが、多少は思ったりした、まぁしかしナショナルレールが1番悪いことは明らかであります。
乗ったけど、ビクトリアからホテルまで走るのは嫌でさ、恥ずかしくない?もう盗まれてもいいし、どうでもいいから。英語できないから、心配事にならないことが多い。そういうところで友達には知らないうちに感謝すべき事が死ぬほどあると思うんだわ。無知の知みてぇな感じよ。
乗ってて思ったんだけど、そもそもチケットを用意したクソ野郎がパディントンからブリストルまでのにすりゃあ良かったんよ。なんでパディントンで買ってんのに違うところから行けって言うんだ?マジで人種差別なんかなぁ?腹立ってきたぞ…
6時半にホテルを出て、14時過ぎに目的地に着く(7時間)16時ぐらいのバスに乗り18時の電車に乗り、ホテルに着いたのは8時半ぐらいか。(2時間半くらい?)どうすかね?

2日目メモ

2日目 スコッツウォルズまでの道 天気は曇り時々雨。19度ぐらい。服装はユニクロでかえる風除け雨除けジャンパーの下に長袖シャツ長袖下着。下はストレッチジーンズ。高校生の頃にあった長野のひたちなか合宿での早朝散歩のように肌寒いぐらいから過ごしやすい。
電車でパディントン行きにのりGloucester Roadで現地ツアーに参加(羽田で予約)。多分だけど、2日目に現地ツアー(日本語)に参加できるの最高かもしれん。やっぱり自分たちで調べなくていいっていうのは楽だし、車だし、(電車で、個人で行く場合と比べて)安心感が段違いよ。多分だけど、現地ツアー申し込まなかったら、「え?マジで行くん?」「え?逆に行かないの?」という下手な会話をして、嫌になったかもしれんよ?
アウディ BMW ベンツ ヴォルクス プリウスが走る。左ハンドルかと思ってたけど、右ハンドルばっかりだし、日本の高速道路と変わんないなぁと思う4車線。マジで周りは木ばっかりで、東北自動車道(友人談)みたいだ。

2日目 第一の村
石造りの街、スワン押し、ほとんど私有地、地元の風景にも似た緑、懐かしさ?
(何か発生した時、連絡)
第二の村、スワン押し、川のほとり、雰囲気良さげ。めっちゃ腹いっぱい
第3の村
ロードオブザリング、エコバック買った、よくわからん教会
第4の村
茅葺屋根の家、教会

帰り道にて。
写真を、見た方が早い。ただ名前が知りたい。つーかバスのメーカーはベンツっぽいし(シートにベンツのマークが入ってた)鬼のように運転するし、エンストしたし、凄かった。
スーパーマーケットで明日の飯を買うべきか。結構近場にスーパーがあるのはありがたく、昨日もお世話になった。なんかババアが優しくて袋は金かかるって教えてくれたし、なんか大丈夫なきがする。むしろ注文しなくていい分、楽なのよ。昼に食ったフィッシュアンドチップスなんて、読めなくて友達に任せたもの。ソースも。飲み物は自分で「スプライト」と言ったけど、やっぱり注文は難しい。あと、お土産買ってておもったけど、受け取る時サンキューと言ってたけど、外人と比べたら声が小さいかもしれん。それは直そうかなと思いました。
横で爆睡してるやつは夜ご飯をバーキンにするらしいが、寝起きのテンションや気分で面倒なことになりそうだな。それにお互いが「どっちでもいい」を怖がってるみてぇな、本当にどっちでもいい、というわけではなく、お前がそうしたいなら俺は従うけど?ぐらいのスタンスであることを忘れちゃいけないな。あと、バーキンでお持ち帰りか、その場で食うかが判らん。多分だけど店で食うっぽい。俺はホテルで食いたいが、気をつけないと「どっちでもいい」に区分されると思う。だから、せめて店で食うことも覚悟しておく。ちもぅとねゆ
友達もスーパーで適当に買って食うことした。ラッキー。あとは帰って飯を食べ風呂入って、寝るだけ